「便秘が元で肌がボロボロ!」みたいな話しも耳に入ってきますが…。

生活習慣病は、少し前までは加齢が原因でなるものだということから「成人病」と称されていたのです。ところが生活習慣に乱れが生じると、小中学生でも症状が見られるようになることがわかり、平成8年に病名が改定されたわけです。本質的には、生きる為に欠かすことができない成分…
もっと読む

魚に含まれる貴重な栄養成分がDHAとEPAというわけです…。

ビフィズス菌が生息する大腸は、人間の消化器官の最終の通り道だとも言えます。この大腸で悪玉菌が増えますと、排便を筆頭に大事な代謝活動が阻まれ、便秘に悩むことになってしまうのです。魚に含まれる貴重な栄養成分がDHAとEPAというわけです。この二つの栄養成分は脂とい…
もっと読む

コエンザイムQ10については…。

食生活を適正化するとか運動するとかで、ビフィズス菌を多くすることが最も良いとは思いますが、どうしても生活スタイルを変更できないとお思いの方には、ビフィズス菌が混入されているサプリメントを一押ししたいと思います。人々の健康保持・増進に欠くことができない必須脂肪酸…
もっと読む

関節の痛みを鎮静する成分として耳にしたことがあるであろう「グルコサミン」ですが…。

中性脂肪が血液中で既定値を超えてくると、動脈硬化を促進する要因のひとつになり得ます。そういった背景から、中性脂肪計測は動脈硬化関連の病気に罹患しないためにも、必ず受けるようにしましょう。病気の名前が生活習慣病と変更されたのには、病気の原因を作らないためにも、「…
もっと読む

ビフィズス菌を体に入れることで…。

一つの錠剤の中に、ビタミンを何種類か含めたものをマルチビタミンと称していますが、諸々のビタミンを手っ取り早く摂取することができるということで、利用者が急増中です。セサミンには肝臓で生じてしまう活性酸素を排し、肝細胞の機能をアップさせる作用があることが実証されて…
もっと読む

「中性脂肪を落とすサプリメントが現実問題としてあるのか…。

セサミンには血糖値を下げる効果とか、肝機能を良くする効果などがあるとのことで、サプリに盛り込まれている栄養分として、ここ最近売れ筋No.1になっています。年を取るにつれて、人の体内で作ることが容易ではなくなると言われているグルコサミンは、カニ又はエビの殻に豊か…
もっと読む

加齢のせいで関節軟骨の量が減少し…。

コンドロイチンは、我々の角膜や皮膚などを構成している成分としても浸透していますが、一際たくさん内包されているのが軟骨だそうです。私達人間の軟骨の3割余りがコンドロイチンだと発表されています。体の血管壁に付着したコレステロールを肝臓に届けるという役割を持つHDL…
もっと読む

我々人間は常にコレステロールを作り出しているのです…。

血中コレステロール値が正常値範囲外の場合、思いがけない病気に陥ってしまうことがあります。とは言うものの、コレステロールが不可欠な脂質成分の1つであることも嘘偽りのない事実なのです。我々人間は常にコレステロールを作り出しているのです。コレステロールは、細胞膜を構…
もっと読む

EPAとDHAは…。

病院などでよく聞くことがある「コレステロール」は、年を取ればどんな人も気掛かりになる名前だと言っていいでしょう。時と場合によっては、生死にかかわることもあり得ますから気を付けたいものです。コエンザイムQ10に関しては、損傷した細胞を元の状態に戻し、肌をスベスベ…
もっと読む

DHAと言われている物質は…。

オメガ3脂肪酸と申しますのは、身体を健全化するのに寄与してくれる油の1つとされており、悪玉コレステロールを少なくしたり中性脂肪値を正常範囲にまで下げる働きをしてくれるということで、世間からも注目されている成分だと聞かされました。コンドロイチンと言われているのは…
もっと読む